MENU

ビジネスローンで倒産したらどうなる!?

廃墟

ビジネスローンを借りていて、もし倒産した場合にどうなるのでしょうか?

 

ある企業が2回目の不渡りを出したとします。

 

そうなると、銀行は「銀行取引約定書」という基本約定にのっとって、「融資した資金は全額すぐに返してください」という内容の「請求書」を発送します。

 

倒産したわけですから、当然、返済は出来ませんので、「銀行取引約定書」の発送と同時に当座預金は解約され、さらに預金と借金は、速やかに相殺されることになります。

 

融資担当者が現状確認のため会社に駆けつけ、経営者が夜逃げせずに残っていれば、今後の見通しについてヒアリングしていきます。

廃墟

 

しかしながら、大抵、倒産状況では、今後の見通しなど立っているはずはありません。

 

一般の融資であれば、この後、不動産担保の競売とか、連隊保証人である社長の個人資産の差し押さえといったことに展開していくのですが、ビジネスローンの場合は少し違います。

 

預金との相殺などの処理が終わると、サービサーと呼ばれる銀行傘下の債権回収会社に債権を売却し、その時点でメガバンクは債権を切り離してしまいます。

 

この後は、債権回収会社が倒産した経営者や連帯保証人のもとへ取り立てに来ます。

 

そして、今後の返済方法をこの会社と交渉する仕組みとなっています。

 

上記に書いたのは、あくまでも、大手銀行で取扱いのビジネスローンから資金融資を受けた場合でして、大手消費者金融会社アイフルの系列会社の『ビジネクスト株式会社』のように、銀行からのビジネスローンでなくて、ビジネスローン会社から直接融資を受けた後に倒産した場合は、債権回収会社=ビジネスローン会社となります。

倒産後の処理は?

電卓

全額返済するのか、何割かの債権カットを申し入れるのかは、倒産会社がどのように倒産後の処理を進めるのか、あるいは事業再生するのか、その内容とも関係してきます。

 

銀行系もそうですが、大手消費者金融系ビジネスローン会社の債権回収は、マチ金や商工ローン、あるいはヤミ金といった取り立てと比べれば、まだ穏やかなものです。

 

倒産するとそのまま姿をくらまして逃げ回る経営者も少なくありません。

 

特にヤミ金からお金を借りてたらどんな目に合わせられるのか分かりませんので、その気持ちはわかります。

 

しかし、不渡りを出してしまったことは取り消せません。

 

そうなったらなったで、自分を信用してくれた銀行、ビジネスローン会社、連帯保証人(ビジネスローンでは経営者自身の場合がありますが・・・。)に対して、詫びの一言も言わないで逃げるのではなく、真正面から向き合ってもらえれば、事業再生などの道筋も見えてくるのではないでしょうか。

事業者ローン(ビジネスローン)