MENU

【スピード゙審査ビジネスパートナー/ビジネスローン】

借入限度の落とし穴

資金調達のプロ

ビジネスローンでは、借入限度があらかじめ提示されます。

 

「御社は、3,000万円まで借入することができます。まだ1,000万円ほどの枠がありますが、借りませんか?」

 

と、期末になると銀行から、セールスの電話がかかってくることがありますが、ひとつ注意しておかなければならないことがあります。

 

「ビジネスローンの借入限度は、毎年決算期を迎え、
決算書を提出するたびに、その内容に応じて変わる」
のです。

 

新しい決算書を提出するとそれまでの借入限度がリセットされ、
新たなスコアリングによる条件が提示されます。

 

できるだけ借金に頼らなくてすむように、
仕入をやりくりしたりして資金需要をうまく回避する必要があります。

 

なぜなら、借金まみれのまま次の決算を迎えると、スコアリングの結果、
この会社は借金が多いということになって、借入限度は少なくなるからです。

 

詳しく例を述べますと、

 

「前回の決算書なら3,000万円まで借りられたはずが、
新しい決算書を出したら2,000万円になってしまった。」

 

これは単純に借りられるおカネが減ってしまったというだけの話ではありません。

 

もし、3,000万円まで目いっぱい借りていたら、
返済して借金の残高が2,000万円を下回るまで、新たな借金はできません。

 

つまり、1,000万円以上返済してからでないと、おカネは貸してもらえないのです。

 

しかし、「今までにない融資方法」の【ファクタリング】を活用すれば、その問題も解決します。

 

【ファクタリング】についての詳細は、こちらのページへどうぞ。⇒

 

資金調達のプロ

【スピード゙審査ビジネスパートナー/ビジネスローン】

ビジネスパートナー 不動産担保ローン

不動産ローン